【レザークラフト】ハギレで作るゴルフ用グリーンフォークカバー 作り方・紹介

はい、みなさんどうもこんにちわ!

cloverlogのナツ(@natsu_cloverlog)です!

【レザークラフト】ハギレで作るゴルフ用グリーンフォークカバー 作り方・紹介

今回は余ったハギレでゴルフ用のグリーンフォークカバーを作ってみました。

自分はゴルフが趣味なのでグリーンフォークをもうちょっと使いやすくしようと思ってカバーを作ってみました。

ちなみにグリーンフォークとはゴルフをしている方なら知っていると思うのですがグリーンに空いた穴をならす道具です。

安いの物だったら全体が金属で持ち手もちょっと持ちにくいようなものです。

まぁレザークラフトやってるんで作って見ようと思いついて作ったカバーです。

グリーンフォークカバー

まず作ったのがこちらです。

f:id:clover185:20170919193022j:plain

意外としっかりできました。縫い線はガタガタですけど。笑

持ち手が厚く大きくなったので持ちやすくグリーンをならしやすそうです。

あとカッコよくなりました!笑

やっぱり金属だけじゃ味気ないんだなって思いました。革を付けるだけで雰囲気がグッとよくなりました。

またハギレもだいぶ小さい物で作れるのでゴルフをしている方にはオススメです。

ではさっそく作り方を紹介していきます。

グリーンフォークカバー材料

まず材料を紹介します。

材料

・ヌメ革(ハギレ)

・グリーンフォーク

・カシメ

革は厚めの革を用意しました。

グリーンフォーク自体が小さいので革はそこまで必要ありません。

あとはカバーを取り付けるグリーンフォーク本体も用意します。

今回の作り方的に穴が開いているグリーンフォークがいいです。

グリーンフォーク作り方

ではグリーンフォークカバーの作り方を紹介していきます。

革の切り出し

まずはグリーンフォークに合わせて革を切り出します。

結構きつく作った方がいいのでグリーンフォークの横幅+縫い代で最低限の大きさに切り出します。

f:id:clover185:20170919194852j:plain

フラップの用意

そしてフラップも取り付けますのでフラップ用の革を切り出しトコノールで革床とコバを磨きます。

その時に菱目打ちで穴をあけておきます。

これでフラップの用意は完了です。

f:id:clover185:20170919203238j:plain

革に穴開け

まずグリーンフォークの先端の幅に合わせて穴をあけます。

この穴にグリーンフォークの先端を通す形になります。

f:id:clover185:20170919195054j:plain

続いてグリーンフォークを革に当ててカシメ部分の穴に合わせて上端部に穴を開けます。

f:id:clover185:20170919195630j:plain

カシメ

穴をあけ終わったら最初にあけた穴にグリーンフォークの先端を通し上端部の穴を通してカシめます。

f:id:clover185:20170919195729j:plain

コバ磨き(上部)

フラップを付けると後からコバを磨くことが出来ないのでこのタイミングで上側のコバを磨いていきます。

縫い代の穴開け

あとは菱目打ちで穴をあけて外周を縫っていくと完成です。

f:id:clover185:20170919200509j:plain

外周を縫う時にフラップも一緒に縫い付けていきます。

f:id:clover185:20170919201221j:plain

あとは最後まで縫っていきます。

コバ磨き

縫い終わったら残りのコバを磨いていきます。

完成

f:id:clover185:20170919193022j:plain

はい、これで完成です。

ハギレで作るものなんで簡単に作ることが出来ました。

また、今回は自分のグリーンフォークカバーを作りましたが他の種類のグリーンフォークカバーだと形が違ったりしますので形に合わせて作ってください。

レザークラフトおすすめの革

レザークラフトおすすめの革

レザークラフトをしていると必ず必要になってくるのが革本体ですよね!いくら作り方が分かっても、道具があっても革が無いと出来ないですよね??

そして革を買うならレザークラフトのショップに行ったら買えます。

ですが必ずしもレザークラフトのショップが近くにあるとは限らないと思います。そうなるとネットショップなどで買うしかないです。

でもネットショップだと、どんな革か分からないと思います。

なので買って失敗のない革を紹介していきます。

 

牛ヌメ革

・レザークラフト定番の生成りヌメ革です。やっぱりレザークラフトと言えばヌメ革の生成り色が王道です。外側に使って良し、内側にも使って良しのなんでも有りな使いやすい革です。自分もメインの革で使う事も多いですし内装や内側などにも使っています。

 

牛ヌメ革 全20色

・こちらもレザークラフトで定番の牛ヌメ革です。革の品質や使いやすさはもちろん良いのですが何より色の豊富さがすばらしいです。間違いなく自分の好きな色があると思います。価格も他の革に比べれば安めですので何種類も買えると思います。

全20色のヌメ革 色が豊富で自分の好きなカラーを選ぶことが出来ます。扱いやすい革なのでとても使いやすいです。

 

ルガトショルダー

・個人的に1番オススメする革です。簡単にどんな革かと説明しますとベルギーのマズール社のヌメ革です。特徴的なのがトラの模様がキレイな革で同じ模様が無い世界に1つだけの革です。また艶やかな光沢もあり革自体も非常に透明感があってキレイな革です。ずっと見ていれるくらいキレイな革です!笑 自分は最近よく好んでルガトショルダー使って作品を作っています。

ベルギー直輸入のボリュームのある牛ショルダー革。ノルウェー産原皮を使用し、ショルダーの特長であるトラ目が美しい仕上がりです

まとめ

今回はこれでグリーンフォークカバーの紹介は以上になります。

ハギレで作るものは作りが簡単で短時間で出来るので初めてやる人にオススメです。

またゴルフやっている人ならグリーンフォークをカッコよく見せることも出来るのでオススメです。

今度グリーンフォークカバーに合わせてティーケースとボールケースも作りたいと思います。笑

拙い文章でしたが読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です